2011年7月18日月曜日

速度違反容疑112キロ超は「悪質」

制限は60キロ

下野署は17日、栃木市城内町、会社員岸雄一容疑者(30)を道交法違反(速度超過)の疑いで現行犯逮捕した。
発表によると、岸容疑者は同日午前11時15分頃、上三川町下蒲生の新国道4号で、制限速度(時速60キロ)を112キロ超える時速172キロで大型バイク(990cc)を運転した疑い。
同署によると、現場は片側2車線の直線道路で、岸容疑者は追い越し車線を走行していた。バイクは改造していない純正の国産バイクで、岸容疑者は「宇都宮市内の商業施設で友人と待ち合わせしていて、急いでいた」と供述しているという。
速度超過では通常、逮捕に至らないことがほとんどだが、同署は100キロ以上の超過という悪質性と、周囲への危険性を考慮して逮捕に踏み切った。
県警の捜査関係者は「百数十キロの超過は聞いたことがない。自殺行為だ」とあきれていた。
(2011年7月18日  読売新聞)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
GoogleMAPでみると
現場はたいそう見通しのよい、果てしない直線道路のようです。
警察は
もっとも事故が発生する交差点ではなく
こういう誰もが安全だと感じるところを好んで
スピード違反を取り締まりますので、
みなさまご用心を。

・・・しかし、条件が良い場所とはいえ、
普通の車も走行しているのであれば、
測定値170km/h(メータ読みなら200km/hちかく?)
ってのは、
現在の制限速度が低すぎると感じている
ワタクシでさえ、出し過ぎだと思います・・・・・。

てか、追い抜くときに、前方を走っている車が
車線変更することを想像しただけで、ビビリミッター発動したあげく、
心臓麻痺で死ねそうでうす・・。
そういう意味では、よく警察の制止指示に従えたもんですなぁ。。。
へたくそだと、減速にすら失敗して転倒・・・^^;
サイン会場から、何百メートルも過ぎて停車している
訳ですから、逆にまあ、よくもおとなしくお縄になりましたね。
(ほんとの悪人なら突破したでしょうね。)

ちなみに、神奈川県での条件の良い場所での取り締まり模様を
に書いてありますので、ご参考に。


単独走行で、
15km/h以上超過すると、
狙われている可能性あり!





道交法違反・交通違反で否認を貫き
警察と闘うブログ