2012年2月22日水曜日

74キロオーバーの女逮捕…要請14回出頭せず


ふむふむ、我らの埼玉県警が、
逮捕したことを得意げに発表しましたね。
この女性は2009年8月に道路交通法に違反したわけですから
公訴時効は2012年8月となります。

今回2012年2月末逮捕ということは
違反から2.5年ガン無視を続けてようやく
逮捕されたということとなりますね。


警察が逮捕を報道するならば、
毎月公訴時効を迎えて逃げ切った
人数も発表してもらいたいものですね。

0人でないから報道しないだけでしょうね。

いうまでもなく警察は自分たちに有利な世論をつくるために
情報操作を必死に行います。

それにのっかるだけの既存メディアの
存在価値にますます疑念がわき上がります。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


速度超過違反で摘発され埼玉県警から再三の出頭要請を受けながら、応じなかったとして、蕨署などは21日、東京都葛飾区の会社員女性(45)を道交法違反(速度超過)容疑で逮捕した。
出頭要請は、郵送や自宅訪問などで14回に上った。調べに対し、「出頭しなければ、捜査がうやむやになると思った」と供述しているという。
発表によると、会社員女性は2009年8月12日午前4時50分頃、戸田市笹目の県道で、法定速度を74キロ上回る時速134キロで乗用車を運転した疑い。
県警交通指導課によると、県内の速度超過違反者で、再三の出頭要請に応じずに逮捕されたのは、昨年1年間で9人で、今年に入ってからは2人目
(2012年2月22日11時58分  読売新聞)

「ワナ」を仕掛けて交通違反の反則金を稼ぐ警察〜そのセコすぎる手口

21世紀になっても続く 交通違反取締における歪んだ運用は 警察官個人の資質によるものでは決してありません。 「お金を生み出すシステム(仕組み)」から 根絶しない限り 不幸の連鎖は続くことでしょう。 (以下引用) http://gendai.is...