2012年2月13日月曜日

(長野県)夜間事故と犯罪「ゼロを目指す日」 26日まで抑止活動強化

長野県のドライバーの皆さん。
我らが長野県警は、

「26日までの期間は飲酒無免許運転などの取り締まりを強化する」
とのことなので、県警の活躍を大いに期待しましょう。


事故の抑止を最優先とする我らが
長野県警ならば、
当然、安全な交差点で一時停止を隠れてとりしまったり、
歩行者がいない見通しの良い郊外直線道路で
ネズミ捕りを行うことなどはないとは思いますが、
活動報告報告に期待しましょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2012年2月11日

県警は10日から26日までの17日間、交通死亡事故防止や悪質犯罪抑止活動を強化する。
このうち18日、21日、23日は、夜間事故と犯罪の「ゼロを目指す日」に定め、検問やコンビニエンスストアなどへの立ち寄りを大規模に展開する。
9日現在の事故死者は前年同期比3人減の12人だが、12年ぶりに「交通死亡事故多発非常事態宣言」が発令された昨年に迫る状況だ。ひき逃げ事件4件のほか、飲酒運転の逮捕者も7人に上っている。
26日までの期間は、飲酒や無免許運転などの取り締まりを強化するほか、「ゼロを目指す日」は各署から計1000人規模の署員を動員し、夕方から地域をパトロールする。
県警交通企画課は「夜間の運転は歩行者に注意し、歩行者は反射材を着用してほしい」と呼び掛けている。