2012年2月2日木曜日

取り締まりの警官、はねられ重傷=男ら車乗り捨て逃走-東京・荒川


あらあら、この警察官は災難でしたね。

交通安全ではなく、勤務評定向上のために、
一旦停止違反を隠れて取り締まっていたところ、
のこのことカモがやってきたので、
いつもの通り一丁上がりとおもっていたら
轢かれちゃったのですから。
しかも逃げられています。

このように、お巡りさん側にも極希に危険が及ぶケースがあるので、
事後の捜査を楽にするためにも、
是非とも警察側でビデオでの証拠保全を
お勧めしますね。


そうすれば、いかに道交法の趣旨に影響を及ぼさない
取締りを行っているかもあきらかになります。

この現在の勤務評価向上=ノルマのための
取締りシステムをワタクシ達ドライバーが容認しつづける限り、
効率良い人身事故抑止取締りは実現できず、
ワタクシ達ドライバーは警察官に怨嗟を抱き、
ホントの悪質運転者を検挙しようとすると
現場の警察官は怪我したうえ逃げられるという
負のスパイラルから抜け出すことは
決してできません。


現状の取締りシステムが維持されることで
一番得をしているのは誰でしょうか?


一般ドライバーと
現場警察官でないことはだけは
間違いありません。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2日午前11時ごろ、東京都荒川区南千住の路上で、警視庁南千住署交通課の男性巡査部長(39)が、一時停止違反の乗用車を止め、事情を聴こうとしたところ、車が急発進し、巡査部長をはねて逃走した。巡査部長は脚の骨を折る重傷を負ったが、意識はあるという。
 車には男2人が乗っており、同署は道交法違反(ひき逃げ)容疑などで行方を追っている。
 同署などによると、巡査部長らが一時停止違反をした車を止め、運転手から事情を聴くため車の左斜め前方に立った際、車が急発進し、巡査部長をはねた上、約30メートル引きずって逃走した。
 車は白い国産乗用車で、現場から約300メートル離れた路上で乗り捨てられているのが見つかった。(2012/02/02-13:31)