2011年8月1日月曜日

パトカー蹴ったバイク男性、追跡中に衝突死



31日午前1時9分頃、千葉県大網白里町仏島の県道で、バイクの男性が、警戒中の千葉県警東金署のパトカーを追い抜きながら足で蹴った。

パトカーに追跡されたバイクは約6キロ先の道路脇のカーブミラーの支柱に衝突し、男性は頭を強く打ち、約1時間後、死亡した。
同署の発表によると、死亡したのは、九十九里町片貝、派遣社員佐久間徹さん(38)。パトカーは赤色灯をつけ、サイレンを鳴らして停止を呼びかけながら約6分間追跡。バイクは応じず、時速50キロ前後で逃走を続けたという。同署の宮本正明副署長は「適正な職務執行と考えている」としている。
同署は、被疑者死亡のまま、佐久間さんを公務執行妨害容疑と道交法違反容疑(安全運転義務違反)で書類送検する方針。
(2011年8月1日09時22分  読売新聞)

事故現場周辺地図です。


大きな地図で見る




ミニバイクで走行していた38歳の容疑者。
もし彼が、血気盛んな10代の若者なら、
ある夏の午前一時前後に、
青春のメモリアルとしてパトカーに
蹴り入れるケースも想像できます^^;
(共感はできませんが・・w)


事故車両を見る限り、無改造車両。
ミラーも付いてますし、
マフラーさえノーマルですね。
いわゆるやんちゃな男の子が
好む車両はありません。

ホントのところ、何があったんでしょうね・・?

・・・パトカーのダッシュボードに搭載している
ビデオ映像が公開されれば、
警察の言い分を信じてもよいかと思いますが、

それを公開しないならば、
逆に「正当」な追跡ではなかったのではないかと
思ってしまう今日この頃です。

なにせ、死人に口なしですからね。。
(まあ、死んでなくても、裁判所は機械的に警察が正しいと判断しますがね^^;)


自分も気を付けます。。。w

激高、あおり…ハンドル握ると攻撃的になる“人格変貌”男の犯行か 東名高速夫婦死亡事故

本事件、運転者個人の人格に論点をあつめるような報道が目につきます。 誰が彼に運転免許証を与え、 かつ、更新を許可したのか? という、論議には発展しませんね。 ほとほと、日本の大手メディアの 限界(意図的?)を感じざるを得ません。 ...