2012年3月10日土曜日

道交法違反:フェラーリ暴走、動画で発覚 福岡の医師、自ら投稿 84キロ超過容疑、書類送検

本当に危険な運転者ならば、
映像で証拠を保全して、
自宅に訪問しても検挙すべきだと思います。


・・・・・現場の地図をみると
交通量の少なそうな道ではあります。
運転者は一応安全に配慮していた
ということでしょうかね・・・。
(次の撮影はサーキットがよろしいかと・・。)


取締り110番 道交法違反・交通違反で否認を貫き 警察と闘うブログ 
http://blog.goo.ne.jp/rakuchi


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

福岡県警は8日、福岡市東区の市道をフェラーリで制限速度を超える124キロで走行したとして、同県大川市の男性医師(50)を道路交通法違反(速度超過)容疑で福岡区検に書類送検した。医師が走行場面を撮影した映像をインターネットの動画サイトに投稿したことから違反が発覚。「自分でフェラーリのプロモーションビデオを作りたかった」と供述しているという。
 送検容疑は昨年4月24日朝、福岡市東区香椎照葉3の市道の橋で、フェラーリを制限速度40キロを84キロ超える124キロで運転したとしている。
 県警によると、医師は運転席の後ろに設置したカメラで走行する様子を撮影してサイトに投稿。昨年5月、県警に動画を見たとの情報があり、捜査していた。走行速度は動画に映ったフェラーリの走行距離と通過時間から算出した。
 この動画を巡っては、ネット掲示板に「危険な運転だ」などと批判的な書き込みが集中していた。

激高、あおり…ハンドル握ると攻撃的になる“人格変貌”男の犯行か 東名高速夫婦死亡事故

本事件、運転者個人の人格に論点をあつめるような報道が目につきます。 誰が彼に運転免許証を与え、 かつ、更新を許可したのか? という、論議には発展しませんね。 ほとほと、日本の大手メディアの 限界(意図的?)を感じざるを得ません。 ...