2014年5月8日木曜日

神奈川県警厚木署の誇らしいお仕事っぷり・・・郊外道路でのネズミ捕り式スピード違反取締


枚挙にいとまはないですが、
我らの神奈川県警厚木署のすさまじい仕事っぷりを
ひとつだけご紹介しておきます。

神奈川県在住の人々の多くが
お世話になっている水源地宮ヶ瀬ダム。

水源地となっている位の場所なので
どの程度人里離れた奥地にあるかはご想像のとおりです。


地図はこちらです。

大きな地図で見る



動画をごらんいただければ分かりますが、
まあ、見通しのよい直線が多い道路なわけです。


水源地つながりで思い出される
奥多摩周遊道路との違いは、
ここでローリング族が事故する頻度が
圧倒的に少ないことでしょう。
(奥多摩ほどワインディング道路ではありませんので。)

むしろ宮ヶ瀬ダムから山梨に向かう国道413号線 通称「道志道」の方が、
道幅も狭く、曲がりくねっている区間が多いので
事故は多いでしょう。


さらに、特筆すべきは
この道路の交通量の少なさと
直線道路故の見通しの良さです。




・・・これでも40km/h 制限道路です。


で、白昼堂々と行われるネズミ捕り。



ここでスピード違反取締が頻繁に行われていることを知らない人以外で、

日頃の警察の詐欺的な手口を
知らない善良なドライバー程、

検挙されてしまうのではないでしょうか?



この場所でのスピード違反取締が、
道交法の趣旨

-安全かつ円滑な交通を実現する-

に沿うというならば、
その合理的な理由を
警察組織は説明する
必要があるでしょう。

にも関わらず、

「公安委員会が許可した場所での取締なので
警察組織に説明責任はない」

と言い逃れられるところが

この国の警察腐敗を
防げない所以なのでしょうね。









取締り110番 道交法違反・交通違反で否認を貫き 警察と闘うブログ

激高、あおり…ハンドル握ると攻撃的になる“人格変貌”男の犯行か 東名高速夫婦死亡事故

本事件、運転者個人の人格に論点をあつめるような報道が目につきます。 誰が彼に運転免許証を与え、 かつ、更新を許可したのか? という、論議には発展しませんね。 ほとほと、日本の大手メディアの 限界(意図的?)を感じざるを得ません。 ...