2014年3月3日月曜日

続報:81枚、違反者本人に事実確認せず 交通切符偽造事件で県警/秋田県警

先般の記事で取り上げた
哀れな秋田県警男性巡査長。

組織の糾弾が恐ろしいあまり、
つまりは、反則金が必要のない違反を
偽装しつつ大量生産していたわけですね。


・・・でまあ、警察組織が事後処理を揉み消そうとする様がもう無残ですね。

勝手に違反切符を偽装された可能性がある
ドライバー82名に対して、
申し出てきた1名以外には照会
すらしないのですから。。。

これってあり得ますか????

すくなくとも、
近代法の基本原則である、
推定無罪を完全に無視した
法の執行機関の腐敗ぶりに
ワタクシは開いた口がふさがりません。

すくなくとも、東京電力調査には
、国民もメディアは鵜呑みにしないのに、
警察発表にはなぜ寛容なのでしょう?
(てか、少なくとも第三者機関は調査にいれないさいよ。。。。)


秋田県民のみなさん、
これでも警察の交通違反取締に依然として従うべきと
お考えでしょうか?


取締り110番 道交法違反・交通違反で否認を貫き 警察と闘うブログ 
http://blog.goo.ne.jp/rakuchi


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
http://www.sakigake.jp/p/akita/news.jsp?kc=20140227a

交通違反切符を偽造したなどとして県警の元男性巡査長(26)=7日付で辞職=が虚偽有印公文書作成・同行使などの疑いで書類送検された事件で、県警は元巡査長が作成した切符199枚のうち、81枚分について違反者本人に事実確認していなかったことが26日分かった。

 199枚の内訳は反則金がある「交通切符」「交通反則切符」の計117枚と、減点のみの「点数切符」82枚。本人に事実確認していなかった81枚は全て点数切符だった。

 県警監察課によると、元巡査長の偽造を調べる際、199枚の切符に書かれた署名の筆跡が元巡査長と合致しないか鑑定。元巡査長以外の指紋の有無も調べた。反則金を伴う違反切符では、納付状況から違反があったと確認した。

 一方で点数切符は「筆跡鑑定などの物証を積み上げており、犯行を立証する上で
違反者への確認は必要ない」と判断。減点に心当たりがないとして、警察に相談した男性の分を除く81枚については本人に確認しなかった。

監察課は「調査や捜査は適正に行われた。余罪はない」としている。
(2014/02/27 08:00 更新)