2013年3月31日日曜日

懲戒処分:無謀運転の巡査検挙 シートベルト取り締まり、停止せずに逃走 情報公開請求で判明 /群馬

もう絶句ですよ群馬県警。

もう逮捕されるレベルの危険運転を
した運転手を、
身内だからといって
逮捕しないわ、
減給1/10の懲戒処分で済ますわ。。。

警察組織の監視を
警察の一組織に成り下がった
公安委員会が行う限り、

警察組織の暗部が
消えるはずはありませんね。


取締り110番 道交法違反・交通違反で否認を貫き 警察と闘うブログ 
http://blog.goo.ne.jp/rakuchi

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◇県警「私的行為」と未公表

 県警の巡査が12年8月、前橋市内でシートベルトを装着しないまま乗用車を運転、交通違反取り締まりをしていた警察官から停止を求められた際に無謀な運転を繰り返して逃走し、道交法違反の疑いで検挙されていたことが27日までに、毎日新聞が行った情報公開請求で分かった。巡査は同年11月19日付で減給(10分の1)1月の懲戒処分となったが、県警はこの事実を発表していない。【角田直哉、庄司哲也】
 開示資料によると、この巡査はパトカーに追跡されると逃走しようとして、車線変更や割り込みなどの無謀な運転を数百メートルにわたって繰り返していた。
 警察庁の指針では、処分の発表の基準について(1)職務執行上の行為及びこれに関連する行為に係る懲戒処分(2)私的な行為に係る懲戒処分のうち停職以上の処分(3)国民の信頼を確保するために発表することが適当である処分−−としており、県警監察課は、巡査のケースについて、「警察庁の指針に従い発表しなかった」としている。
 また、昨年10月9日には、県内の警察署の警部が女性事務職員を誘い、自分の車に乗せるなど異性関係のトラブルがあったとして、減給(10分の1)1月の懲戒処分としていたことも分かった。しかし資料は、所属部署、氏名だけではなく、事案の場所なども黒塗りになった状態で開示。同課は「指針に従い、発表する必要がない内容」として、詳細は明らかにしなかった。
 毎日新聞の情報公開請求によると、昨年1年間の戒告以上の懲戒処分は15件。このうち前記の2件を含む、計4件の処分が発表されていなかった。懲戒処分までは至らない内部処分でも、警部補が約2カ月にわたり部下に対してその身体を殴打したり、大声で怒鳴り叱責するなど部下の人格や尊厳を傷つけるようなパワーハラスメント行為を繰り返したとして、本部長訓戒を受けるケースもあった。