2012年12月12日水曜日

飲酒運転を一斉取り締まり / 長野県

毎度すばらしい長野県警!

飲酒運転一斉取締を行って、
440件の検挙を行った挙げ句
6件の飲酒運転を摘発しましたと。

打率は1.3%でした!

野球の打者で言うと、1分3厘というところですね。
・・・ハッキリ言って
戦力外通知じゃすまない成績です。


これで指揮官が糾弾されない組織って、
いったいなんなんでしょう???

そもそも幹部が飲酒運転摘発なぞ
望んでいない証左以外、何者でもありませんね。


取締り110番 道交法違反・交通違反で否認を貫き 警察と闘うブログ 
http://blog.goo.ne.jp/rakuchi

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


長野県警は7日夜から8日早朝にかけて、県内の主要道路や高速道路など67か所で飲酒運転の一斉取り締まりを実施し、酒気帯び運転6件をはじめ道交法違反などで計440件を摘発した。
 県警交通指導課によると、違反はほかに、シートベルト装着義務違反111件、スピード違反103件、携帯電話使用47件、横断歩行者の妨害10件など。同課は「年末は酒を飲む機会が増えるのでドライバーは飲酒後は宿泊するなどして、交通ルールを守り、安全運転をしてほしい」と呼び掛けている。
(2012年12月9日  読売新聞)

激高、あおり…ハンドル握ると攻撃的になる“人格変貌”男の犯行か 東名高速夫婦死亡事故

本事件、運転者個人の人格に論点をあつめるような報道が目につきます。 誰が彼に運転免許証を与え、 かつ、更新を許可したのか? という、論議には発展しませんね。 ほとほと、日本の大手メディアの 限界(意図的?)を感じざるを得ません。 ...