2012年4月15日日曜日

富山県警、一斉取締りで交通違反145件を検挙 / 富山


すばらしい成果を上げました富山県警!

4/13日18:00から翌日朝にかけて18カ所で検問を実施。

人身事故発生のもっとも高い要因となっている
安全運転義務違反を1件も検挙することなく、
旧態依然とした捕まえやすい違反を検挙して
ひたすら集金活動にいそしんでおられます。


暴走行為と飲酒運転の摘発をしたいといいながら、
30km以上の速度超過6件、酒気帯び・無免許3件のみ。

つまり、目的の達成率は
9件/145件ということなので
6.2%。

取り締まり指揮官の無能っぷりが
際だちますね。


警察の交通安全実現ではなく
反則金収入を目的とした取り締まりに
賛同されない方は是非ともご覧ください


取締り110番 道交法違反・交通違反で否認を貫き 警察と闘うブログ 
http://blog.goo.ne.jp/rakuchi


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


(2012年04月14日 10時14分)


 県警察本部は13日夜から14日朝にかけ、道路交通法違反145件を検挙しました。

 県警察本部は13日午後6時から14日午前5時にかけ、県内18か所で飲酒運転や暴走運転などの一斉取締りを実施、
あわせて145件の道路交通法違反を検挙しました。

 最も多いのは速度違反の105件、このうち30キロ以上の違反が6件でした。このほか、酒気帯び運転2件、
無免許運転1件、携帯電話使用等違反10件、免許証不携帯22件、初心者運転者標識表示義務違反が3件、
シートベルト非着用2件でした。

http://www.tulip-tv.co.jp/news/detail/?TID_DT03=20120414102550

激高、あおり…ハンドル握ると攻撃的になる“人格変貌”男の犯行か 東名高速夫婦死亡事故

本事件、運転者個人の人格に論点をあつめるような報道が目につきます。 誰が彼に運転免許証を与え、 かつ、更新を許可したのか? という、論議には発展しませんね。 ほとほと、日本の大手メディアの 限界(意図的?)を感じざるを得ません。 ...