2012年4月15日日曜日

入院巡査部長 看護師盗撮も「公共の場ではない」と減給のみ/ 香川県


多くの警察官はワタクシ達とかわらぬ一般の人間です。
なので、この男性巡査部長のような方は
きっと少数派なのでしょう。

危惧すべきは彼に対する、
県警の判断基準ですね。

身内を守ろうとするあまり、
およそ社会通念とかけはなれた
論理を展開する警察組織。


香川、岡山県に在住する方々。

かつて皆さんが信じていた警察組織は
今や腐敗行政組織になりさがっています。


どうぞご注意くださいませ。



取締り110番 道交法違反・交通違反で否認を貫き 警察と闘うブログ
 http://blog.goo.ne.jp/rakuchi


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

香川県警交通部に所属していた男性巡査部長(50)が、20代の女性看護師の下半身を盗撮したとして、昨年10月に減給3カ月(10分の1)の懲戒処分を受けていたことが14日、分かった。

 香川県警によると、巡査部長は岡山県内の病院に入院していた昨年8月8日、病室に入った女性看護師のスカートの中に、カメラ機能付き携帯電話を差し入れて動画を撮影した。

 手に携帯電話を持っていることに気付いた看護師が同日、岡山県警に被害届を出し、巡査部長から事情を聴くなどしていた。連絡を受けた香川県警が同10月7日付で懲戒処分に。巡査部長は同日付で依願退職した。

 巡査部長は2010年11月から難病治療のためこの病院に入院しており、休職中だった。

 撮影された動画は複数残されていたが、画像で被害者が特定されたのは1人分だけだった。「自分の命が不安で、自暴自棄になってやってしまった」と話したという。盗撮が発覚した後に転院し、現在も入院しているという。

 香川県警は「私的な行為は停職以上の処分の場合のみ公表する」という警察庁の指針に従い、半年以上も処分を公表していなかった。

盗撮は岡山県迷惑防止条例違反となる立派な犯罪行為だが、岡山県警は病院内は一般の人が入れないため公共性はなく、条例に定められた「公共の場」にはあたらないと“解釈”。
犯罪は成立しないとして、香川県警は減給処分にとどめた。
 香川県警監察課は「再発防止に努めていきたい」としている。