2012年3月6日火曜日

大阪府警:飲酒運転書類捏造容疑で警部補を逮捕


検挙数達成を組織から強要されていなければ、
飲酒運転の証拠を捏造するリスクを冒すメリットなど
山下清人警部補にあるはずはありません。



交通違反取締りを行う現場警察官の全てが
山下清人警部補のように、
ノルマを達成したいがためだけに
証拠を捏造するような
卑小な人間はないでしょう。

ですが、卑小な人間が彼だけであると
断言することも
また不可能でしょう。


つまり、現在の警察官の人事考課システムが
変化しない限り、このように証拠を捏造したり、
取締り易いだけを理由に、加罰的違法性が
極めて少ない違反を検挙しまくる警察官は
存在し続けるでしょう。

むしろ、ワタクシ達多くの一般ドライバーを
検挙しまくる多くの警察官は
山下警部補予備軍と
表現して過言ではありません。


あきらかに本来守るべき目的を見失っている
現在の交通違反取締りシステム。

それでもみなさんは
理不尽な取締りに遭遇しても
切符に署名されるのでしょうか?

・・・・それとも?


取締り110番 道交法違反・交通違反で否認を貫き 警察と闘うブログ 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

飲酒取り締まりの際、検知されたアルコールの数値を水増しして捜査書類を作ったなどとして、大阪府警は6日、泉南署交通課の山下清人(きよと)警部補(57)を虚偽有印公文書作成・同行使と証拠隠滅の疑いで逮捕、同署を家宅捜索した。府警によると、山下容疑者は「捏造(ねつぞう)は一切していない」と否認している。同容疑者の飲酒・酒気帯び運転の検挙数は署全体の6割以上と突出しており、府警は他に偽造した疑いもあるとみて追及している。


逮捕容疑は昨年9月、同府泉南市のJR新家(しんげ)駅前で、原付きバイクを運転していた60代の無職男性を飲酒検問した際、基準値(呼気1リットル中0.15ミリグラム)を超えるアルコールが検出されたように捜査書類を偽造し、道交法違反(酒気帯び)容疑で検挙した、としている。飲酒の検知作業は違反者の目の前で実施する決まりだが、山下容疑者は検知器が男性から見えないようにしていた。

検知器は日時と共にアルコール量が印字される仕組み。府警は、山下容疑者が自ら飲酒し、検知器の時計機能を操作した上でアルコールを検知させ、事前に基準値以上の数値が記録された用紙を準備していたとみている。
この男性が昨年10月に略式起訴された際に捜査書類を確認し、飲んだ缶ビールの量が水増しされていたことに気づいた。男性は免許停止の通知を受けて同署に抗議し、事件が発覚。別の男性も酒量が水増しされたと訴えており、府警が全容解明を急いでいる。
南野伸一・府警監察室長は「厳正に対処するとともに早急に再発防止に努めたい」とコメントした。【稲垣淳】

やっぱりあった! 交通違反検挙ノルマ!

当ブログでも指摘している交通違反検による反則金収集ノルマ。 以下サイトで平成29年度版が公開されています。 https://motor-fan.jp/article/10000590 今年度は620億円! 反則金平均を1万円として(過去の検挙数と金額...