2012年2月2日木曜日

道交法違反:出頭要請応じず 容疑で35歳の男を逮捕--高知南署 /高知



2011年9月の違反について、
出頭が無いことを理由に、
2012年2月1日に逮捕したと。
6ヶ月での逮捕は他府県ではあまりみない事例だと思います。何があったんでしょうね?

しかしさすが、我らが高知県警。
白バイ衝突死事件で証拠を捏造してまで
警察組織を守る気風を持つ組織ですね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E7%9F%A5%E7%99%BD%E3%83%90%E3%82%A4%E8%A1%9D%E7%AA%81%E6%AD%BB%E4%BA%8B%E6%95%85




今回は左折違反という凶悪重大犯罪を犯した
ドライバーに、逮捕という正義の鉄槌です。
(逃亡の恐れを逮捕要件にするんでしょうね。)

しかも逮捕の元となった重大犯罪の証拠は
警察官の目視のみです。





すくなくとも自分は高知県に車ではいきたくありません。
居住も断固拒否しますね。

高知県警諸兄と同じ地域では
安全な生活などのぞむべくもありませんから。


ワタクシ個人からすると、彼等はがん細胞と変わりません。

自組織が繁栄するために必要なら、
市民を殺すことすら躊躇しないヤクザ組織です。

高知件にお住まいの皆様が車で出かけるときは、
シートベルトと同じように、ICレコーダ装備をお忘れ無く。


彼等が法律を曲解した実運用で
ワタクシ達を弾圧するならば、


ワタクシ達も法律を盾に「否認」するだけです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

道交法違反(通行禁止)で警察の再三の出頭要請に応じなかったとして、高知南署は1日、須崎市栄町、会社員、松本勝成容疑者(35)を同法違反容疑で逮捕した。
逮捕容疑は昨年9月15日午前8時10分ごろ、高知市河ノ瀬の左折が禁止されている国道交差点で、松本容疑者運転の軽乗用車が左折した、とされる。
取り締まり中の同署員が発見し、松本容疑者に停車を求めたところ、松本容疑者は「病院に行くので午後に出頭する」と話して現場を離れた。しかし、数日たっても連絡がなく、同署側からの連絡にも応じなかったことから、今回逮捕したという。
松本容疑者は「そもそも通行していない」と容疑を否認している。通行禁止違反の場合、その場で反則切符(違反点数2点)を切られ、後日7000円の反則金を納めなければならない。【倉沢仁志】

やっぱりあった! 交通違反検挙ノルマ!

当ブログでも指摘している交通違反検による反則金収集ノルマ。 以下サイトで平成29年度版が公開されています。 https://motor-fan.jp/article/10000590 今年度は620億円! 反則金平均を1万円として(過去の検挙数と金額...