2012年1月26日木曜日

アクアラインでアサリ積んで179キロ爆走

ふむ、ライトバンで99km/h超過ですか。
是非とも裁判で実車での再現実験をしていただきたいところですね。
もし、測定結果が1km/hでも異なっていれば
幸か不幸か不起訴が確定ですから。

耳にタコかもしれませんが追尾式検挙での測定結果は、
パトカーが出した速度結果にすぎません。
決してレーダーやレーザー測定器を使用した
客観的な測定速度ではないことを、
ワタクシ達は忘れてはなりません。

また、180km/hではなく179km/hでの測定結果というのも疑念が残ります。
これは憶測ですが、警察の内規上180km/h以上での追尾に
危険をともなうため禁止しているため、あえてその179kmで
追尾測定スイッチを押した警察官の恣意を感じてなりません。


まあ、179km/hで走行している違反車に
追いつくために、
パトカーはおそらく200km/h以上
だしていたことでしょうから、
制限速度を120km/h超過で走行しても
危険が少ない道路状況だったのでしょうね。

ドイツなら間違い無く速度無制限区間に
指定されるであろうアクアライン。
我が国は80km/h。

ワゴンの兄さんは99km/h超過で免停。
120km/h超過の大爆走したパトカーは
おとがめなし。


・・・警察一家から家畜扱いされ続ける
ワタクシ達ドライバーが、
解放される日はいつなのでしょうか?



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2012.1.25 05:00



取引先にアサリを運ぶため、東京湾アクアライン(千葉県木更津市~神奈川県川崎市)で車を時速179キロで“爆走”させたとして、千葉県警高速隊は24日、道交法違反(速度超過)の現行犯で同県木更津市太田の会社員、原崇浩容疑者(23)を逮捕した。
 逮捕容疑は24日午後4時半ごろ、木更津市のアクアライン上り線(制限速度80キロ)で、ライトバンを99キロ超の時速179キロで走行させた疑い。
 高速隊によると、原容疑者は海産物小売り会社の社員。東京・築地の取引先にアサリを運んでいた。「免許停止だと会社をクビになるので逃げた」と供述している。
 高速隊覆面パトカーが追跡すると、原容疑者は追い越し車線を飛ばし、アクアラインから首都高湾岸線へ。環八料金所から一般道に下りて逃走、東京都大田区の国道357号で渋滞に巻き込まれたところで逮捕された。
 逃げた距離は約20キロ。「99キロオーバーは12点減点で免停90日。累積減点次第で免許取り消しも」と高速隊関係者。