2012年1月16日月曜日

スピード違反 19㌔オーバーで逮捕


当事者以外、検挙現場で何があったかは分かりません。

だからこそ、行政組織が市民を拘束するにいたった
経緯の説明は必要でしょう。

犯罪捜査規範では、
交通法令違反での逮捕を
極力避けるよう明記されています。

にもかかわらず、「極めて悪質」な19km/hの速度超過で
あっさり破っているのですから。

それを、
現場の判断で逮捕した
の一言で済ませる意味がわかりません。
彼等は彼等が持つ権限とその行使について
自覚をしているとは思えません。


もちろん、これがマスコミに取り上げられるようなことがあれば、
「運転者が免許書の提示を拒み、逃走の意図がみられたため・・・」
という公式見解が発表されるでしょう。


しかし、それが事実か否かを証明することは
極めて難しい状態です。
なぜなら、警察は証拠保全をしていないからです。
(したがらないからとも言えます)

さらに、警察は警察官複数名の
証言を合わせて、自らの供述は事実で
あると主張します。

そして極めつけは、それをあっさりと
認める裁判所・・・・。


これは取締りシステムが腐敗しているとしか
ワタクシには表現が見つけられません。


このような事案を見るたびに、
私たちのできる自衛は、
ICレコーダ、ドライブレコーダを搭載し、
有事に備えることしかないと
改めて思いしらされます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

和歌山新報
01月11日 16時35分[事件・事故]
和歌山北署は10日、 和歌山市のトラック運転手の男 (37) を道交法違反 (速度違反) の容疑で現行犯逮捕した。
 同署によると、 男は同日午後9時8分ごろ、 普通乗用車を運転し、 法定速度50㌔の市道を19㌔オーバーの69㌔で走行した疑い。 容疑を認めているという。 速度違反での逮捕は珍しく、 「現場の判断で逮捕した」という。



激高、あおり…ハンドル握ると攻撃的になる“人格変貌”男の犯行か 東名高速夫婦死亡事故

本事件、運転者個人の人格に論点をあつめるような報道が目につきます。 誰が彼に運転免許証を与え、 かつ、更新を許可したのか? という、論議には発展しませんね。 ほとほと、日本の大手メディアの 限界(意図的?)を感じざるを得ません。 ...