2011年7月29日金曜日

交通事故死、全国で最悪…大阪

府警交通総務課は26日、府内で今年上半期(1~6月)、交通事故による死者が全国最悪の111人(前年同期比25人増)に上ったと発表した。
今月25日まででも全国ワースト1の120人(同22人増)で、府警は、信号無視や速度超過などの悪質行為を厳しく取り締まる方針。
府警によると、今年上半期は死亡事故の急増に歯止めが掛からず、「死亡事故多発警報」を3回も発令するなど異例の事態。特徴として、前年はゼロだった複数の死者が出る事故が多く、6件で計13人が死亡。ほかに信号のある交差点の事故で45人(同14人増)、30キロ以上の速度超過による事故で14人(同8人増)がそれぞれ死亡している。
また、飲酒運転による犠牲者も9人(同4人増)と4年ぶりに増加しており、府警は飲酒検問などでの取り締まりも強化する。
年間を通じて全国ワースト1を記録すれば、1966年以降で初めてとなるため、府警は「取り締まり強化でマナーアップを図り、悲惨な事故を少しでも減らしたい」としている。
(2011年7月27日 読売新聞)より引用

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
死亡事故は、65才以上の運転者、夜間、交差点という条件で多く発生しています。
休日の早朝や見通しのよい幹線道路の直線ではそうそう発生しません。
大義名分を振りかざしておこなう警察の交通違反取締ですが、
皆様よくご存じのように、
その実施場所から考えると
死亡事故を減らす気など毛頭ないことが
自ずと導かれます。
(信号無視も死亡事故の多い交差点で実施しないと意味がない。)

みなさんは、こんな状況でも
「めんどくさいから・・・」と
反則金をおとなしく払いますか?