2011年7月28日木曜日

京丹後市長がスピード違反 18キロ超、反則切符

・・・・・・・・・・・・・・・・・

京丹後市は28日、中山泰市長が今月23日に市内で自家用車を運転中、制限速度を18キロ上回る速度を出したとして道交法違反で京丹後署に反則切符を切られた、と発表した。
市によると、中山市長は23日午後2時55分ごろ、同市峰山町二箇で制限速度40キロの国道312号を58キロで走行。検問中だった京丹後署員が交通反則切符を切ったという。
中山市長は「前日に久美浜町に忘れた携帯電話を取りに行く途中だった」といい、「交通安全の先頭に立たなければならない立場でありながら、ルールを踏み越えたことを真剣に受け止め、心から反省とおわびを申し上げます」と話した。
中山市長は市交通安全対策協議会の会長を務めている。

【 2011年07月28日 23時13分 】京都新聞より

・・・・・・・・・・・・・・・・・・


このあと、市長がどうやって、
免許点数を抹消させるか、
是非とも方法を伺いたい物です^^

不服審査請求を公安委員会に提出して、
審議結果非公開をたてに、こっそり抹消ですかね?


しかし、警察発表にある午後3時前「検問中」っていう発表を
そのまま垂れ流す新聞は、もう報道機関ではないですね。
たんなる警察発表を鵜呑みにするご用機関です。


交通違反をすると無駄な政治的リスクを
背負うため、派手な運転は避けている
官僚上がりの市長ですら、
安全だと感じる道路において


税金つかって「ネズミ取り実施中」
だっただけですな。


大きな地図で見る

のどかでよさげなところですな。


市長が、容疑を否認して、裁判までいってくれれば
話題になるのになぁ^^



ふりがな
なかやま やすし
氏名
中山 泰
生年
月日
昭和35116日 京丹後市峰山町生まれ
学歴
昭和503
峰山中学校卒業
昭和533
天理高校卒業
昭和603
京都大学経済学部卒業
職歴
昭和604
総理府・総務庁入庁
平成元年4
科学技術庁科学技術振興局研究交流課専門職
平成34
総務庁行政管理局行政情報システム企画課係長
平成47
総務庁行政管理局行政手続法制定準備室室長補佐
平成67
総務庁行政管理局副管理官
平成88
沖縄開発庁沖縄総合事務局総務部人事課長
平成107
沖縄開発庁長官秘書官(井上吉夫、野中広務、青木幹雄 各長官)
平成131
経済産業省大臣官房企画官 兼 製造産業局人間生活システム 企画チーム長・デザイン政策チーム長
平成148
内閣府総合規制改革会議事務室次長
平成16517
京丹後市長




やっぱりあった! 交通違反検挙ノルマ!

当ブログでも指摘している交通違反検による反則金収集ノルマ。 以下サイトで平成29年度版が公開されています。 https://motor-fan.jp/article/10000590 今年度は620億円! 反則金平均を1万円として(過去の検挙数と金額...