2011年7月9日土曜日

現役弁護士さんが、交通違反(スピード違反)でつかまっても・・・・・・





平成7年10月13日
北海道釧路市で活躍されている弁護士さんが、同地方における
交通違反取締により、速度違反容疑で検挙されました

そのときの裁判に至る経緯の詳細が、下のリンクから飛べます。
地裁→高裁→最高裁まで上告した結果・・・・。


由利弁護士の部屋
交通規制の部屋



彼女の主張は、我々一般ドライバーライダーの代表ともとれる
至極当然な内容です。
(むしろ、我々よりはるかに理路整然として説得力あふれる主張です^^;)




そして、それに対峙する検察庁・裁判所が
いかに現状維持と、自己保身しか考えられない
ただのお役所であるかを、目の当たりにしました。


交通違反以外でおせわになることがあったとき、
ホントにまったく信用できないなぁと
痛感すること請け合いです。
(たまに、まともな方がいらっしゃるようですが)



そして、法律の専門家である弁護士でも抗えない
不当な交通違反検挙と
交通違反裁判があるならば、



我々は自衛手段として、
そもそも切符を切られない「技術」を身に
つけるしかありません!!




いますぐ勉強!

取締り110番 
-道交法違反・交通違反で否認を貫き警察と闘うブログ-
http://blog.goo.ne.jp/rakuchi/

激高、あおり…ハンドル握ると攻撃的になる“人格変貌”男の犯行か 東名高速夫婦死亡事故

本事件、運転者個人の人格に論点をあつめるような報道が目につきます。 誰が彼に運転免許証を与え、 かつ、更新を許可したのか? という、論議には発展しませんね。 ほとほと、日本の大手メディアの 限界(意図的?)を感じざるを得ません。 ...