2011年7月31日日曜日

道路交通法が制定された昭和35年って?

昭和35年(1960年)、現在の道路交通法で、
法定速度などが決定された訳ですが、
当時はどういうご時世だったのでしょうか?


昭和37年度版の科学技術白書なるものから、道路事情をご紹介します^^

■車種別登録自動車数の推移


自家用車の急増が目立ち、トラックでは3輪が幅をきかせていたことがわかります^^;


■主要道路の改良率舗装率の推移


「わが国の主要道路である一級,二級国道及び都道府県道の現状ば 図17-9 に示すとおりであつて,それらの総合的舗装率,改良率はそれぞれ
昭和35年3月現在11%,28.3%である。

ここで改良率とは普通乗用車が速度を落さずにすれちがえるよう道路の巾員,勾配,屈曲を整備した区間の比率をいうが,一級,二級国道でもその延長粁の半分以上はこの状態にないわけである。,そこで道路状態の改善のために,有料道路制度が制定されて,日本道路公団が各地に有料道路を建設し昭和35年5月現在開通しているものの総延長は348粁に達し,その中には横浜新道,京葉道路,北九州道路,関門トンネル等のように幹線道路として,あるいは雲仙・島原道路,阿蘇登山道路等のように観光道路として大きな役割を果しているものがある。しかし,まだわが国の道路状態は非常に悪いので,特に主要道路の舗装改良を強力に推進し,さらにその立体交叉をはかる必要がある。また先年着工された名神高速自動車道は近く完成され,続いて国土縦貫高速自動車道も建設に着手されるなど,最近急速に道路建設計画が実行に移されているが,これらも産業開発,国土開発の面から速やかに完成されることが望ましい。」


というような、まさに後進国的道路事情^^
舗装された道がすくないということは、ダートばかりってことですね^^
60km/h以上でダート走るのは、相当な手練れだけですなぁww


そして、1955年5月18日、通産省(現経済産業省)の「国民車育成要綱案(国民車構想)」が当時の新聞等で伝えられた。同構想では一定の要件を満たす自動車の開発に成功すれば、国がその製造と販売を支援するという物である。要件は以下のとおりである。

4名が搭乗した状態で時速100kmが出せる(ただし、定員のうち2名は、子供でもよい)
時速60kmで走行した場合、1リッターのガソリンで30kmは走れる
月産3,000台(構造が複雑ではなく、生産しやすいこと)
工場原価15万円/販売価格25万円以下
排気量350 - 500cc
走行距離が10万km以上となっても、大きな修理を必要としないこと
1958年秋には生産開始できること


そして、昭和36年(1961年)に発売された車がこれでした。(売れなかったようですが^^;)
■トヨタ パブリカ


性能としては、新開発のエンジンは697cc強制空冷水平対向2気筒OHVU型エンジンである。当初のボア×ストロークは78mm × 73mmのオーバースクエアで、水平対向2気筒で先例の多い、半球型燃焼室を持つクロスフロー弁配置となった。性能は最高出力28ps/4,300rpm、最大トルク5.4kg-m/2,800rpmを達成、これによりセダンの軽量ボディを最高110km/hまで到達させた。


※28馬力って、いま町中でみかけるビックスクータの馬力(20馬力強)を
わずかに上回る程度ですね。
ただし、ビックスクータの排気量は250ccだったりしますが^^;
技術の進歩ってすごいですね^^



・・・・こういう時代の道路状況や自動車性能なら、
一般道での法定速度が60kmという規定もうなずけます。
(当時は高速道路も80kmでしたね^^;)




ですが、すでに「世紀」すら変わってしまった55年後の現在、
自動車テクノロジは別次元に進化し、
道路の整備もますます進んでいます。
(そりゃ、公共事業予算と、年間700億円も反則金をつっこむんですから・・w)


それでもなお、この50年前のスピード規制を後生大事に生かすってのは、
自分たちの権益をまもるために、
なにがなんでも規制を残しておきたい!

という、極めて単純明快な警察官僚のオーラで
ワタクシの目は潰れそうです。。。w


※当時発売開始されたテレビだそうです(Sony製)

やっぱりあった! 交通違反検挙ノルマ!

当ブログでも指摘している交通違反検による反則金収集ノルマ。 以下サイトで平成29年度版が公開されています。 https://motor-fan.jp/article/10000590 今年度は620億円! 反則金平均を1万円として(過去の検挙数と金額...